お知らせ詳細

ホーム

お知らせ

お知らせ詳細

2021/07/24

就労・生活サポート

日本語学校オンライン受講生

今年の4月から日本の日本語学校に留学するべく、昨年から準備をして在留資格認定証明書を頂いている生徒さんたち。
あとは在インドネシア日本大使館(総領事館)にて、査証を頂いて日本へ入国するのみ。
そして日本のアパートに住み、日本語学校へ通って勉強をする。
その日をずっと待ち望んていますが。。。今のところ、いつその日が来るのか目途が立っていません。。。

就労の内定を頂いている生徒さんたちも同じ状況で現地で待機をしている状態ですが、
留学生に関しては、オンライン入学式・オンライン授業により、留学が認められています。
来日はできていないけど、日本の日本語学校の生徒として、平日は毎日、オンライン授業を受けています。

オンライン授業が開始されたのは、昨年2020年から。
2020年のオンラインの生徒さんたちは、秋に無事入国ができ、対面での授業となりましたが、
2021年春の生徒さん達は、オンラインのままひと学期が終了しました。

クラス単位でのオンライン授業で、生徒たちはどこまで学習を進めることができるのか、生徒さん達と共に不安でいっぱいでした。
授業がさぼりがちになる生徒には、時には厳しく指導もしながら、一生懸命頑張っている生徒さん達を励ましながら一学期を終えました。

そんな中、昨日学期末テストが実施され、N3の模擬試験も行われました。
結果が発表されて驚きました。
約3ヶ月のオンライン授業と宿題によって、生徒さんたちは確実に日本語能力をアップさせています!
グループチャットで授業の様子を尋ねるのも、初めはインドネシア語でのやり取りでしたが、
日本語での文章でのやり取りに慣れてきているのか、日本語、それもひらがなと漢字を混ぜてのチャットが増えてきています。
あるグループは、今はほとんどの事を日本語でやり取りしています。
(支援が必要な時や、込み入ったことの質問はもちろんインドネシア語で行いますが)

若い生徒さん達の熱心な勉強ぶりに感心をし、
そしてオンラインで指導されている日本語教育の先生方は、本当に熱心に指導をして下さっている事を感じています。

あとどのくらいこの様な状況が続くのかわからない現在ですが、
どんな形であれ、やる気があって希望があったら、前に進むことができるのだ。と改めて感じています。

<< 一覧へ戻る

© 株式会社ABIAN 2020